株式投資出口戦略を実践中。ナンピン買いの要領で売りながら買う!

2020年9月9日

株式投資出口戦略を実践中。ナンピン買いの要領で売りながら買う!
株式投資出口戦略を実践中。ナンピン買いの要領で売りながら買う!

【2020年5月14日 現在】
総実損益+257,021円 ※配当金含まず。
現在の含み益-231,256円

プラ転した国内株式を売却中

コロナショックで急降下後戻した国内株式を売り始めました。私は今まで購入ばかりで売りに出すことがあまり無かったため、売り方に困りましたが、少しずつ売る戦略を取りました。

ナンピン買いの要領で少しずつ売る

ナンピン売り
ナンピン売り

本日は、2種類のプラ転した株式を9回ほど100〜200株ごとに売りに出しました。どちらも午前中の販売で午後にはかなり値が下がったため、午前の高値で全て販売できていたら大きくプラスだったのですが、午前の段階で上に行くか、下に行くか不明だったため、これでも満足しています。

right Caption

ミズキ

ナンピン買いの逆の要領ですね。

ナンピン買いの要領で売るメリット

Left Caption

アイカ

メリットは株価が上昇した場合は、少しずつ高値で売ることで平均販売価格を高く保てます。
逆に株価が下がってしまうと、しばらく保有することになるので、次の投資金がすぐに得られないので注意が必要です。

本日はこの方法で実損益が+101,540円。午後からの下落で評価額は下がってしまいましたが、私は評価額の時点の株価は実損益に比べてあまり気にしないので良しとしました。

Left Caption

アイカ

投資を始めて10ヶ月、ほぼ毎日が含み損だったので評価額がマイナスなのは気にしません。
出口を見据えて、今安く買えているかを重視しています。
right Caption

ミズキ

冒頭の含み損は最大200万を越えていましたもんね。
Left Caption

アイカ

そういうこと。大きくプラスになっている2種の国内株式も、ずーっと含み損だったからね。

全体の含み損が増えた原因は米国ETF

現在の含み益-231,256円となってしまいましたが、これは米国ETFの含み損がほとんどです。

5月14日時点の保有有価証券

種別金額
国内株式4,534,850 円
米国株式3,321,407 円

以前の保有有価証券から国内株式の比率を減らし、米国株式に寄せました。

Left Caption

アイカ

結局米国株式は夜間に取引されるので、タイミングが難しくて、含み損になっちゃっているのですが…
2020年5月14日時点のNYダウ株価推移
2020年5月14日時点のNYダウ株価推移

5月12日、13日と大きく値を下げているのですが、私は13日以前の高値で追加購入したので、大きく含み損を抱えてしまいました。

それでも米国株式は高配当、株主重視、世界経済のトップ。と信じて本日(5月14日夜)も少し買い入れをする予定です。

Left Caption

アイカ

コロナショック前に購入した米国ETFはなかなかプラスに転じないですね。

まとめ

株式市場は大荒れですが、長期的に見て買い場であると考えています。困るのは今後上がると見越して買いたい株式を買う余力が無いことです。

国内株式でプラ転した株式を欲張らずにそれなりで利確をして、米国ETFの仕入れをどんどん行いたいと思います。

right Caption

ミズキ

せんぱ〜い、今日10万円くらいプラスになったなら、ご飯でもご馳走してくださいよ〜!
Left Caption

アイカ

自粛が空けたらね〜。

2020年5月14日現在、まだまだ緊急事態宣言で外出自粛中です。早くコロナの根本的な解決方法を見出して、株式市場と共に世間も明るくなって欲しいものですね。

Left Caption

アイカ

明るく行きましょう!