【VYM】米国高配当おすすめETF!目指せ配当金生活!

2020年7月6日

【VYM】おすすめ!米国高配当ETFで目指せ配当金生活!
【VYM】おすすめ!米国高配当ETFで目指せ配当金生活!
right Caption

ミズキ

先輩!私決めました!高配当ETFで配当金生活をします!
Left Caption

アイカ

どうしたの急に…。配当金だけで生活するって、簡単じゃないよ?
right Caption

ミズキ

いいんです!簡単じゃなくても頑張ります!配当生活に最適なETFを教えてください!

誰もが憧れる不労所得の配当金生活。株主優待生活の桐谷さんも株主優待で生活しているそうですが、そもそも配当金だけで生活するためにはどれくらいの原資(お金)が必要なのでしょうか?
また、配当金生活に向いているETFはあるのでしょうか?
今回は高配当株の中でも安定感があり、人気のEFT【VYM】をご紹介します。

Left Caption

アイカ

高配当株には前に紹介したHDVSPYDもあるけど、もう少し安定感のあるVYM(バンガード・米国高配当株式ETF)を今回は紹介するね。
こんな方に読んで欲しい

📗分配金のあるETFに興味があるが、何を買えば良いか分からない。
📗配当金生活をしたい。
📗米国高配当ETF【VYM】について知りたい。
📗高配当ETF【VYM】とVOOやQQQはどちらが買いか知りたい。
📗トータルリターンについて学びたい。

おすすめ米国高配当ETF【VYM】とは?

運用会社はバンガード®︎

運用会社は以前ご紹介したVOOと同じバンガード®︎社です。世界有数の資産運用会社で、とにかく経費率(信託報酬)が安く長期保有に適した商品を数多く上場しています。
バンガード®︎社の商品というだけで、安心して購入できます。

Left Caption

アイカ

バンガード社はコロナショックで株価が暴落し、漏れなくバンガード®︎社の商品も値下がりしましたが、長期的に見れば買い時だと心強い言葉を発信していましたね。
right Caption

ミズキ

配当金生活を目指すとなると、長期投資になるので経費率が安いのは魅力ですね!

VYMの運用方針

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)はFTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスのパフォーマンスへの連動を目指すインデックス投資になります。

Left Caption

アイカ

FTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスとは、米国株式市場の中でも高配当利回りの銘柄を対象としています。高配当ETFのSPYDと違って、VYMでは不動産が除かれるのが特徴です。

高配当ETFの中でも経費率(信託報酬)が安い

VYMは高配当株の中でも経費率が少し低く設定されています。

銘柄経費率
VYM0.06%
HDV0.08%
SPYD0.07%
right Caption

ミズキ

配当金生活を狙うなら長期保有になるので、少しでも経費率は安いほうが嬉しいですね!

VYMは金融メインで不動産無しのセクター構成

VYMセクター比率
VYMセクター比率

VYMのセクターは景気の波に左右されやすい?

高配当株を集めたVYMは景気の波に左右されやすい「金融」「消費財」を多く保有しています。
しかし、VYMには高配当株の中でもREIT(不動産)が組み込まれていません。金融・消費財なの高配当が多いセクターを組み入れつつも、テクノロジーや公益など安定感のあるセクター高配当且つ安定した値動きを実現しています。

right Caption

ミズキ

安定した値動きなら、配当金(インカムゲイン)だけじゃなく、値上がり益(キャピタルゲイン)も狙えるのでしょうか?

VYMの構成銘柄上位10件と割合

銘柄割合
JPモルガン・チェース4.0%
ジョンソン・エンド・ジョンソン3.6%
プロクター・アンド・ギャンブル2.8%
エクソンモービル2.7%
AT&T2.6%
インテル2.4%
ベライゾン・コミュニケーションズ2.3%
メルク・アンド・カンパニー2.1%
シェブロン2.1%
ファイザー2.0%
right Caption

ミズキ

ちょっと馴染みのない会社が多いですね。
Left Caption

アイカ

金融会社や、製薬会社が多いのだけれど、VYMの特徴は組み入れ銘柄数にあるの。

400もの銘柄でVYM一本で分散投資を実現

VYMは高配当株を集めた400の銘柄で構成されていて、上位10銘柄が占める割合は26.6%なの。1番多く占有しているJPモルガンでも4%。
アメリカの高配当株に分散投資している」と考えると、ちょっと嬉しい気持ちになりますよね。

right Caption

ミズキ

高配当株というと値動きが荒れそうなイメージがあるのですが、これだけの銘柄に分散されていると安心できそうですね!

※2020年5月24日時点のデータになります。最新のデータはこちらから

キャピタルゲインも狙える?VYMチャート

VYM_10年チャート
VYM_10年チャート

VYMの値動きはNYダウやVOO、QQQの値動きの様に綺麗な右肩上がりになっています。

Left Caption

アイカ

高配当株ということで配当金(インカムゲイン)に注目されがちですが、安定感のある値動きにも注目です。

VYM ETF最新の株価はこちらから

VYMで配当金生活はできるのか?

right Caption

ミズキ

高配当セクターが多く、値動きも安定しているなら、安心ですね!配当金はどれくらい出るんですか?

VYM配当金利回り(インカムゲイン)

さて、では本題のVYMで配当金のみの生活ができるかどうか。計算してみましょう!

Left Caption

アイカ

まずは直近10年の分配金をみてみましょう!
分配金利回り
20193.64%
20183.09%
20173.17%
20163.30%
20153.13%
20143.06%
20133.54%
20123.52%
20113.14%
20102.87%
平均3.25%
right Caption

ミズキ

さすが高配当株ですね!
Left Caption

アイカ

ミズキちゃんは、年間いくら生活費が必要かな?
right Caption

ミズキ

ん〜、旦那が働いているので200万円くらいあれば…。
Left Caption

アイカ

それじゃあ、今から投資したとして200万円、300万円、400万円、年間で配当金を得るにはいくら必要か計算してみよう!

日本円でいくらあれば年間200万円〜400万円を確保できるのか。

薄々感づいている方もいらっしゃるかと思いますが、配当金だけで生活しようと思うと、それこそ一般的では無い原資(投資元本)が必要になります。

Left Caption

アイカ

配当利回りは先ほどの平均3.25%で計算します。為替はここでは考慮しません。
投資元本分配金+元本年間に貰えるお金
100万円103.25万円3.25万円
500万円516.25万円16.25万円
1,000万円1032.25万円32.25万円
7,000万円7,227.5万円227.5万円
10,000万円10,325万円325万円
13,000万円13,422.5万円422.5万円
Left Caption

アイカ

ミズキちゃん、7,000万円持ってる?
right Caption

ミズキ

持ってないですよ〜!配当金生活なんて夢のまた夢でした….!(涙)

配当金生活を夢見て高配当株を調べる方も多くいらっしゃるかと思います。その中でもVYMは値動きも良く、配当金も高めで経費率も低いオススメのETFですが、配当金だけで生活するには相当な元本が必要だということが分かりましたね。

Left Caption

アイカ

ここに、外国税金(10%)日本国内税金(20.315%)がかかりますので、実質手元には7割ほどが残ります。配当金だけで生活するのは一般人にはかなりハードルが高いものになります。

※米国の税金は、確定申告で外国税額控除を行うことで取り戻すことができます。

VYMのキャピタルゲインも考慮すると投資でアーリーリタイアできるか

それではキャピタルゲインも考慮した上で、アーリーリタイア(早期退職)をするにはどうでしょうか。
配当金を再投資して何年で2,000万円になるかを計算してみます。
(老後2,000万円問題を考慮)

VYMのトータルリターン

Left Caption

アイカ

キャピタルゲインも考慮する場合、トータルリターンを使用します。

トータルリターンとは

トータルリターンとは
トータルリターンとは

トータルリターン(総収益率)とは、対象の投資商品への投資から得られる総合収益のことです。上の図の場合、このファンドのトータルリターンは元本100万円に対して、30万円プラスになっているのでトータルリターンが30%と言うことになります。

right Caption

ミズキ

値上り率も考慮すると、お金の増え方が全然違いますね。
Left Caption

アイカ

キャピタルゲインはインカムゲインよりも大きく価格が変動して、何よりマイナスになる事もあるから要注意だよ!

注意)ここでは分かりやすくするためにトータルリターン金額を大きく設定しました。

VYMで2,000万円貯めるのにかかる年数

ここではVYMに300万円投資し、分配金を全て再投資した場合、何年で2,000万円に達するかを計算してみましょう。(老後2,000万円問題から2,000万円と設定しています。)

Left Caption

アイカ

VYMの年間株価騰落率は平均9.84%となっています。また、分配金の平均は3.25%となっていますので、このデータを元に計算してみます。(トータルリターン13.09%
年数元本リターン後の金額
1年300万円339.27万円
2年339.27万円383.68万円
3年383.68万円443.90万円
4年443.90万円490.70万円
5年490.70万円554.93万円
10年907.68万円1026.50万円
15年1679.01万円1898.80万円
16年1898.80万円2147.35万円

※計算に税金、季節変動などは考慮していません。あくまでも理論上の数値となります。

VYMに300万円を投資し、成長率が10年平均通りに動けば16年で2,000万円を達成する計算になりましたが、実際は分配時の税金などがあるため20年以上はかかると考えておいたほうが良いでしょう。

また、2020年のコロナショックや、リーマンショックの様に大きく騰落率が下落する場合もありますので注意が必要です。

Left Caption

アイカ

300万円の貯蓄をするのがまずは大変な事で、貯蓄平均世代別で考えると30代に当たります。
300万円全てを投資に回し、16年寝かせるのはなかなか難しいかもしれませんね。
right Caption

ミズキ

VYM一本で投資するのにリスクもありますしね。何より現金も必要だし…。

VYM 配当日はいつ

VYMの配当日は年に4回です。配当月は、3月、6月、9月、12月となっており、権利落ち日は基本月末となっています。

Left Caption
アイカ
直近1年の分配金はこんな感じです。(2020年6月)
決算日分配金
2020/06/29$0.83680
2020/03/11$0.55440
2019/12/24$0.77910
2019/09/25$0.78640
合計$2.9567

高配当ETFは【VYM】と【HDV】と【SPYD】どれが良い?

高配当株のHDVとSPYDと比べるとVYMはどの様なETFと言えるでしょうか。構成銘柄とセクター比率から考えてみました。

セクター比較

right Caption

ミズキ

確か…HDVはエネルギー、SPYDは不動産、VYMは金融セクターがメインでしたよね。
Left Caption

アイカ

そうなの。どのETFも高配当セクターをメインに組み入れているから、配当金を多く出すことができるの。

3つのETFはどれも高配当株の多いセクターを組み入れていますが、高配当の株式は成熟したセクターが多く、エネルギー・金融・不動産と世の中の景気悪化に大きく影響するセクターになります。

Left Caption

アイカ

インカムゲインが狙い辛い可能性があるということだね。

値動きで比較

Left Caption

アイカ

実際の値動きで比較してみましょう!
VYM、HDV、SPYDチャート比較
VYM、HDV、SPYDチャート比較

一番高値を更新しているのが青線のVYMになります。コロナショック後の戻りも早く、安定感が伺えますね。

VYMは構成銘柄が多く経費率も安い銘柄となっています。一方HDVは3つの中では最も配当金が多いですが、エネルギーセクターが多く昨今では安定感を欠いてしまいます。SPYDも不動産や金融、一般消費財をメインにしているので景気の波に左右されやすいです。
しかし、どれが良いと言う訳ではなく、2020年5月現在はどの銘柄も割安となっているので今後回復が見込めそうなセクターを選んで購入すると良いかと思います。

Left Caption

アイカ

私はこの3つはVYM:HDV:SPYD=1.5:1:1くらいの比率で保有しています。

安定の人気ETF【VOO】【QQQ】と比較

VYM、VOO、 QQQチャート比較
VYM、VOO、 QQQチャート比較

キャピタルゲインで見るとやはりIT株をメインとしたQQQ、S&P500に連動したVOOが大きく値上りを見せています。
しかし、VYMも似た様な値動きの中VOOに近い値動きをしており安定感があると言えますね。

Left Caption

アイカ

VYMは400銘柄を組み入れた銘柄だから、比較的安定する値動きをします。
キャピタルゲインを主としたETFの値動きには敵いませんが、他の高配当株に比べて比較的安定していると考えて良いかと思います。

トータルリターンで比較

right Caption

ミズキ

分配金も考えるとVYMとVOO、QQQはどれが良いのでしょうか?
銘柄5年トータルリターン
VYM5.10%
VOO8.96%
QQQ16.83%
right Caption

ミズキ

圧倒的にQQQが強いですね。
Left Caption

アイカ

QQQはIT株をメインとした構成で、上のチャートの通り値上り率がとっても高いの。
その分配当金はとても少なく設定されているの。

トータルリターンを見ると、【QQQ】・【VOO】に軍配が上がります。しかし、分配金という面ではVTMが大きく引き離しています。

銘柄配当利回り
VOO1.95%
QQQ0.70%
VYM4.40%

配当利回りが良いということは、定期的にもらえるお金が多いという事になります。VOO、QQQのトータルリターンが大きいのはあくまでもキャピタルゲイン(値上り率)が高いからです。

Left Caption

アイカ

キャピタルゲインで利益を得るには売買を行う必要があります。一方分配金は定期的にお金を貰えるので、そのお金を再投資だけでなく、生活費にしたりと使い勝手が良くなります。

以上のことから、長く置いておく余剰金の場合はQQQ、VOOに投資。定期的にお金を貰って生活費や自分へのご褒美に使用したい場合はVYMを購入するのが良いです。

right Caption

ミズキ

迷うなぁ。もう一回VOOとQQQの記事も読んでみます!

VYMは投資信託<楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド>でも購入可能!

right Caption

ミズキ

先輩、VYMはQQQの様に日本の投資信託では買えないのですか?
Left Caption

アイカ

もちろん、人気のETFだからしっかり買える様になってるよ!

日本の投資信託で間接的に購入する場合は「楽天・米国高配当株式インデックス・ファンド」になります。

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドのメリット

  1. 夜間取引をする必要がない。
  2. ノーロード(売買手数料)がない。
  3. 100円から投資できる。(VTMは約77ドル/1株)

楽天・米国高配当株式インデックス・ファンドのデメリット

  1. 経費率が0.192%(VYMは0.06%)
  2. 分配金がない(自動的に再投資されているイメージ)
right Caption

ミズキ

頑張って夜起きていてみようかなぁ。
Left Caption

アイカ

私はNYダウの先物や開始直後が下がっている段階で、1ドル〜50セントほど下の値段で買い入れて寝る様にしてるよ。

地球の反対側に位置するアメリカでは、私たちが寝ている間に何が起こるか分かりません。市場が開いた時は株価が上昇していても、起きたら大暴落…。といった事もあります。
投資信託も含めて、自分に合った投資手法を見つけましょう!

VYMの口コミ

VYMまとめ

まとめ

📗配当金メインだとVYMはチャートも右肩上がりで安全。
📗VYMは金融セクターメインだが、400銘柄で安心。
📗VYMで配当金生活をするなら、相当な原資が必要。
📗トータルリターンではQQQ、VOOに軍配が上がるが、自由に使えるお金が貰える。
📗投資をする際はキャピタルゲインとインカムゲインの両側面から商品を読む。

VYMでは、世界的株価下落の今購入しておけば、高いインカムゲインと景気回復のキャピタルゲインが狙えます。

right Caption

ミズキ

はぁ。VYMで配当金生活できるかなって思ったけど、世の中そんなに甘くないですね。
Left Caption

アイカ

投資はあくまでも投資だよ!私たち庶民はしっかり仕事もして、副収入と捉えておこうね。

結果的には、ミズキちゃんは配当金生活をすることはできませんが、今は高配当株も値下がり中です。
高配当株の評価損益がプラスになっている時の安心感は、とても嬉しくなりますよ♪ 少しずつ買い入れてみてはいかがでしょうか。

ブログランキング参加しました♪
いつも応援クリックありがとうございます!