米国ETFを始めよう!実践から選んだ米国ETFおすすめ7選!

2020年6月12日

米国ETFを始めよう!実践から選んだ米国ETFおすすめ7選!
米国ETFを始めよう!実践から選んだ米国ETFおすすめ7選!

米国の投資は日本の投資より安定している。
特にETFの人気が上がっている。
そんなお話を聞いた事があるのでは無いでしょうか。
でも「日本の投資と何が違うの?」「そもそもETFって何?」「実際お得なの?」と思ってる方も多いのではないでしょうか。
今日はそんな疑問をスッキリ解決して、米国ETFの素晴らしさをお伝えできたらと思います。

Left Caption

アイカ

私は昨年は日本国内株式ばかり購入していましたが、現在は売却して米国ETFに切り替えています。
こんな方にオススメの記事

📗 どの米国ETFを買ったら良いか分からない。
📗 米国株の購入に興味がある。
📗 どうして米国株が安定しているか知りたい。
📗 米国個別株は難しくて買えない。
📗 他人のポートフォリオに興味がある。

米国ETFとは

ETF(上場投資信託)とは
ETF(上場投資信託)とは

まず、ETFとは「Exchange Traded Fund」の頭文字を取った名前で、「証券取引所で取引される投資信託」という意味です。
日本語では、上場投資信託と呼ばれます。

投資信託は1日1回の取引で価格が決まるのに対して、ETF(上場投資信託)は個別株の様にリアルタイムに価格が変動し、売買できます。
また、投資信託なので、ETFの中には様々な株や債券などが含まれています。

ETFの商品イメージ
ETFの商品イメージ

各国ETFは存在しますが、アメリカの資産運用会社が発行しているETFを米国ETFと呼びます。

どうして米国(アメリカ)が良いの?

日本でも発行されているETFですが、どうして米国ETFが注目されているのでしょうか。そもそもアメリカの株式市場で購入するので、取引時間が夜中になってしまうので、リアルタイム取引の米国ETFはデメリットが大きいのでは無いでしょうか。

Left Caption

アイカ

米国ETFには取引時間のデメリット以上にいくつも大きなメリットがあります。
ご紹介していきますね!

ダウ平均と日経平均の比較

日経平均とダウ平均2000〜2020年6月
日経平均とダウ平均2000〜2020年6月

青がダウ平均株価、水色が日経平均株価になります。2,000年からは同じような値動きをしつつもやはりダウ平均の方が大きな伸びを見せています。また、暴落時の回復もダウは早いようです。

right Caption

ミズキ

2,000年以前はどうだったのでしょうか?
日経平均とダウ平均2000年まで
日経平均とダウ平均2,000年まで

2,000年以前は更に差が激しく、ダウ平均の力強さがよく分かります。

Left Caption

アイカ

ダウ平均の安定感を知るために、ダウのみで全期間を見てみましょう。
ダウ平均全期間
ダウ平均全期間

このように、米国株式は平均すると長期的に右肩上がりを続けています。米国ETFには米国株を主体としたETFが多く、安定した値上り(キャピタルゲイン)を期待できます。

アメリカの人口統計

経済に影響する人口の推移はどのようになっているでしょうか。経済成長を考える一般的な考え方の「成長会計」では、経済成長を決める要因は「労働投入」「資本投入及び全要素生産性」であるとされています。

Left Caption

アイカ

人口減少すると経済を成長させる労働投入の減少に結びついちゃうので、一般的には経済成長力が低下すると言われています。これを「人口オーナス」と呼びます。(逆の増加を人口ボーナスと呼びます。)
right Caption

ミズキ

アメリカの人口は増えているのでしょうか?
アメリカ人口推移
アメリカ人口推移

アメリカは人口も順調に右肩上がりですので、人口ボーナスが発生しており経済にも良い影響を与えていると考えられますね。

right Caption

ミズキ

株価も順調に上がっていて、人口もしっかりと増えているなら、長期的保有で米国ETFは安心できますね。

米国ETF(株)の魅力

アメリカの経済が安定している事が分かったところで、次は米国のETFについてお話します。米国は株主至上主義と呼ばれるほど(最近は少し見直されてきましたが)企業の株主への還元意識が高いと言われています。
配当金や手数料はどのようになっているでしょうか。また、個人投資家も多いアメリカではETFの在り方はどのようになっているのでしょうか。

米国企業は配当金が多い

アメリカの企業は配当金を年に4回出している企業が多いです。日本の企業では年に2回、または1回が基本となっています。

Left Caption

アイカ

5月29日時の配当利回りもダウ平均が2.56%日経平均が1.65%とダウの方が高くなっています。

また、連続増配している企業も多くP&Gやコカ・コーラなど60年ほど連続で増配しています。

right Caption

ミズキ

配当金の多い企業が多いということは、バスケットのETFも配当金が高くなるということですね。

米国ETFは手数料が安い

アメリカのETFは手数料がとても安いものが多く、長期保有においてとても優れています。例えば、アメリカで最大級の資産運用会社「バンガード®︎」の人気商品「VTI」(アメリカ株式市場ほぼ全てに投資しているETF)の手数料は0.03%です。
日本のETFで日経平均225に連動する「日経225連動型上場投資信託」の手数料は0.22%です。

日本の投資信託の手数料の平均は、2016年12月末時点では1.12%となっていました。最近では手数料を引き下げる投資信託が増えてきていますが、まだまだアメリカのETFの手数料ほど引き下げる事ができません。

Left Caption

アイカ

アメリカETFは総資産が段違いに多いので、信託報酬を引き下げても十分に利益を確保できるのです。

米国ETFは種類が多い

米国ETFにはセクター(業種)、投資対象国、指数(ナスダック、S&P500など)、債券など様々な組み合わせの商品があります。
その数はなんとは約2,000本日本のETFが200本ほどなので、約10倍にもなりますね。
これは投資大国アメリカの個々のニーズに合わせた商品を作り上げていった結果だと考えられます。

Left Caption

アイカ

種類が多いという事は自分の好みの商品を見つけられる可能性が高いという事だね。
right Caption

ミズキ

逆にどれを買ったら良いか、分からなくなっちゃいそうですね。
Left Caption

アイカ

あとで、私の少ない経験からだけど、オススメの商品を紹介するね。

米国ETFの流入額は年々増加傾向

美山アイカの米国ETFポートフォリオ

ティッカーコード銘柄保有数量直近配当利回り5年トータルリターン経費率
VTIバンガード・トータル・ストック・マーケットETF531.60%9.13%0.03%
VWOバンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF300.62%0.30%0.10%
VTバンガード・トータル・ワールド・ストックETF661.21%5.29%0.08%
VOOバンガード・S&P 500 ETF551.68%9.81%0.03%
VYMバンガード・米国高配当株式ETF1382.76%6.13%0.06%
HDViシェアーズ コア米国高配当株 ETF244.36%5.58%0.08%
MGVバンガード・米国メガキャップ・バリューETF152.71%6.79%0.07%
VDEバンガード・米国エネルギー・セクターETF185.23%-11.46%0.10%
VIOVバンガード・S&Pスモールキャップ600バリューETF191.20%1.41%0.15%
SPYDSPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF805.64%-2.60% ※3年0.07%
IVViシェアーズ・コア S&P 500 ETF132.01%9.79%0.04%
QQQインベスコQQQ 信託シリーズ1200.62%17.30%0.20%
DIASPDR ダウ工業株平均 ETF72.18%9.61%0.16%
合計536

※トータルリターンはコロナショックの影響で大きく下落しています。

right Caption

ミズキ

いろいろ買ってるんですねぇ。
Left Caption

アイカ

ETFは1本で分散投資しているようなものだから、あまり沢山買う必要もないんだけどね。

私の場合は良く分からず買ってしまっていたので、似たような値動きの米国ETFを購入してしまっています。債券のETFを組み入れたりと株式以外にも分散投資するのが投資の基本になります。私の散らかったポートフォリオの失敗を見て、しっかり学んでくださいね!

Left Caption

アイカ

それでもプラスになってるの。私でもできたから、きっとミズキちゃんならもっと良くなるよ!

※ 各ETFのデータは2020年6月1日時点でBloomberg様より抜粋しています。

米国ETFおすすめ7選

私が実際に投資をした結果、おすすめの米国ETFをご紹介しますね。ブログ記事にしているものは詳細もありますので、ぜひ購入の前に読んでみてください。

※投資は自己責任にてお願い致します。世界の大投資家ウォーレン・バフェットさんも明日の株価を確実に予測できるわけではありません。無理のない範囲で投資にお金を回すのがコツになります。

QQQ(インベスコQQQ 信託シリーズ1)

QQQは値動きの激しいETFとして有名ですが、その理由は、ナスダック100指標というIT企業メインの株を多く含んでいる点、100社ほどなので1社あたりのウェイトが高い点が挙げられます。
アップルやマイクロソフトなど配当の少ないIT株がメインになりますので、配当金は少なめですが、キャピタルゲインを狙うにはとても面白いETFだと思います。

Left Caption

アイカ

ITバブルは終わったと言われているものの、コロナショックからの株価の戻りはとにかく早かったです。
right Caption

ミズキ

買うタイミングが難しいですね。下がるタイミングを見計らわないと!

VOO(バンガード・S&P 500 ETF)

VOOは世界一の投資家ウォーレン・バフェット氏がお薦めしているS&P500(アメリカの日経225のようなもの)への投資を1本で叶える商品です。アメリカの大型株に投資するので、とっても安定感がある人気の商品です。
経費率0.03%と安い事も魅力で、長期保有に適した商品だと言えます。

Left Caption

アイカ

私の米国株式ポートフォリオで1番価格比率の高い商品です。

right Caption

ミズキ

配当、経費率、値動きどれをとっても優秀ですね。

VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)

VTIはアメリカ株式市場約4,000株に1本で投資できるETFです。投資の幅が広いので、安定した値動きをしています。VOOとの違いは中小型株も組み入れているため、VOOよりも大きく値が上がる可能性もあります。投資大国アメリカ全土に投資するのでリスク回避という点でもとても優秀です。

Left Caption

アイカ

経費率もまさかの0.03%!VTIもとっても人気のある商品です。
right Caption

ミズキ

私も買って「米国の株主だ!」て自慢しようかな♪

VYM(バンガード・米国高配当株式ETF)

高配当の米国ETFでも人気の商品がVYMです。上の3つの商品と違い、IT株式がメインではなく高配当の金融・消費財、ヘルスケアなど成熟したセクター(業界)の株を多く含んでいます。経費率0.06%の安さも配当金狙いの長期保有には嬉しいです。
テクノロジー(IT)株も程よく分散されており、高配当ながら値上り益も狙える米国ETFです。

Left Caption

アイカ

配当金も年に4回出るので、定期的に積み立てるのにも良い商品だと思います。
right Caption

ミズキ

夢の配当金生活…!頑張るぞ!

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストックETF)

VTは、なんと1本で世界の株式市場に投資ができる商品です。この米国ETFの組み入れ銘柄は驚愕の8,000銘柄!最高クラスの分散投資ができるVTですが、経費率はたったの0.08%!さすが、投資大国アメリカの「バンガード®︎社」の商品です。
世界の株式市場に投資するので、投資大国アメリカ1本より値動きは弱めになりますが、いつどの国の企業が急成長するか分からないので楽しみもある商品だと思います。

Left Caption

アイカ

私はこのVTとVTIをiDeCoの投資信託で買っています。お気に入りの商品です。
right Caption

ミズキ

わ、私もついに世界規模の投資家に…!?

SPYD(SPDR ポートフォリオS&P 500 高配当株式ETF)

高配当株で取引数が多い人気のSPYDです。VYMと違ってセクターは不動産がメインのETFになっています。配当利回りはなんと約6%!不動産という特殊なセクターになるのでコロナショック後の値の戻りが少々遅いです。しかし約30ドル(2020年6月1日)という低価格から購入できる事もあり、取引数が多い商品です。

Left Caption

アイカ

やはり高配当は魅力です。不動産セクターに投資するのも分散投資になるので、引き続き購入しようと思っています。
right Caption

ミズキ

コロナショックで配当金落ちなかったら良いなぁ。

HDV(iシェアーズ コア米国高配当株 ETF)

またまた高配当株のHDVになります。平均的な利回りは5%弱とSPYDよりは少なめです。しかし、中身はエネルギーセクター、ヘルスケアと全然違う構成になっておりコロナショックから立ち直りが若干早いように感じます。

Left Caption

アイカ

こちらも人気の商品ですね。私はあまり持っていないですが分散の意味も含め今後も増やしていく予定です。
right Caption

ミズキ

地味な感じですけど、しっかり地に足ついたイメージの商品ですねぇ。

私のおすすめを7つ紹介しましたが、神7のETFという事ではありません。あくまでも私が投資してみて感じたオススメの7選になります。
アメリカには約2,000のETFがあります。商品の中身を見るだけでもとっても楽しいですよ♪

Left Caption

アイカ

ミズキちゃんも自分のおすすめ米国ETFの7選を探してみてね♪
right Caption

ミズキ

は〜い♪

米国ETFにかかる税金と分配金の流れ

米国ETFにかかる税金と分配金の流れ
米国ETFにかかる税金と分配金の流れ

米国ETFの分配金や売買には外国税金がかかります。よって分配金も売買益も7割程度になるのでご注意ください。

right Caption

ミズキ

外国の税金というより…日本の税金が高いですね。
Left Caption

アイカ

昔は10%だったらしいけど、仕方ないね。(外国税額控除もありますが、詳しくは別の機会に)

為替リスクあり

アメリカの商品を買うことになるので、為替のリスクが発生しますのでご注意ください。例えば買った商品がプラスになっていても円/ドルの値動きでマイナスになってしまうこともあります。

米国ETFの口コミ

米国ETFのまとめ

まとめ

📗 米国株(EFT)はアメリカが経済、人口ともに安定して伸びているので安定感がある。
📗 投資大国アメリカの資産運用会社には多くの資金が集まるので、経費率が安い。
📗 アメリカ株式市場には、約2,000のETFがあり選ぶのも楽しい。
📗 株主至上主義のアメリカは投資家への利益還元優遇を考える企業が多い。
📗 投資をする際はポートフォリオを決める。(美山アイカのようになってはいけない。)

Left Caption

アイカ

ミズキちゃん、米国ETFの魅力は伝わったかな?
right Caption

ミズキ

はい!私はアイカ先輩みたいにならないように、しっかりポートフォリオ作ります!
Left Caption

アイカ

あはは、そうだね。大事なところだからしっかりね!

ブログランキング参加しました♪
応援クリック頂けると、励みになります。宜しくお願い致します!