eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)2019<FOY>NO.1投資信託!楽天VT比較

2020年6月27日

emaxisslim全世界株式(オール・カントリー)メイン画像
emaxisslim全世界株式(オール・カントリー)メイン画像

eMAXIS Slimシリーズとは

当ブログでも特集を組んだ「業界最安値のコストを目指し続けるファンド」シリーズです。三菱UFJ国際投信が運用する大人気の投資信託です。

Left Caption

アイカ

eMAXIS Slimシリーズの特集はコチラから

right Caption

ミズキ

今日はシリーズの中でも一番人気の高い【eMAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)】の紹介ですね!
Left Caption

アイカ

よく比較される【楽天VT】楽天全世界株式インデックスファンドとの違いも見てみましょう!
この記事はこんな方にオススメ

📗 eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)について知りたい。
📗 FOY2019 1位の人気ファンドに投資したい。
📗 投資信託1本で世界に分散投資したい。
📗 eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と楽天VTどちらを買うか悩んでいる。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)とは

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)は、2019年投信ブロガーが選ぶ投資信託No.1に輝いた超人気ファンドです。その理由はなんと言っても信託報酬の安さ1本で全世界の株式に分散投資ができる点です。

一般的に証券会社などの金融機関がオススメする商品は、人件費コストなど利益が必要になるため、信託報酬が高めの商品が多いと言われています。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」は、純粋に投資家が自身の利益を度外視して選んだファンドなので、信頼度がとても高いランキングになります。

right Caption

ミズキ

投資ブロガー推薦なら安心ですね。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)と楽天VTの信託報酬比較

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)はざっくり言うと、日本最低コストで全世界の株式に分散投資するというファンドになります。

楽天VTとの比較

実は、似たような商品に【楽天VT】楽天全世界株式インデックスファンドというファンドがあります。

こちらの商品は楽天投信投資顧問株式会社が運営するファンドで、アメリカの巨大資産運用会社バンガード社のETF VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック ETF(VT))を買い付けてくれる投資信託になります。

Left Caption

アイカ

しっかりと中身を見比べて、自分の運用方針に合った方を選びましょう!

信託報酬の違い

投資信託信託報酬
eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)0.1144%
【楽天VT】楽天全世界株式インデックスファンド0.212%

日本の信託報酬は平均的に年0.5~2%(+消費税)なので、どちらも業界最低水準といって良いのですが、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の方が「0.0976%」も信託報酬が安いです。

どちらもインデックスファンド(目標とした指標に対して連動するように運用する)になりますので、基本的には長期投資向きになります。

Left Caption

アイカ

長期投資では毎日のコストになる信託報酬が大きな差を生みます。

100万円投資した場合の信託報酬の年別影響

※基準価額・購入金額は変わらないものとします。

年数eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)楽天VTI
1年1,144円2,120円
2年2,288円4,240円
3年3,432円6,360円
4年4,576円8,480円
5年5,720円10,600円
10年11,440円21,200円
20年22,880円43,400円
30年34,320円63,600円
40年45,670円84,800円
50年57,200円106,000円

上記のように長期投資で運用を目指す場合、信託報酬の差は大きな差を生みます。

right Caption

ミズキ

信託報酬では、eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の方が断然お得ですね。

投資対象の違い

投資信託インデックス指標
eMAXIS Slim 全世界株式
(オールカントリー)
MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指す運用。
楽天VTIFTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(円換算ベース)に連動する投資成果を目指す運用。
right Caption

ミズキ

何が違うのでしょうか?

MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックスは、先進国23カ国と新興国26カ国(2018年12月末時点)の49カ国の大型株と中型株で構成される株価指数です。

FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスは、FTSE社(ロンドン証券取引所とフィナンシャルタイムズが共同設立)が算出している、全世界の株式市場の動向を表す株価指数です。

Left Caption

アイカ

指数の説明だけだど分かり辛いので、具体的な違いをみていきましょう!

投資対象国比率の違い

emaxis slim全世界株式国地域別構成比率
emaxis slim全世界株式国地域別構成比率
【楽天VT】楽天全世界株式インデックスファンド国地域別構成比率
【楽天VT】楽天全世界株式インデックスファンド国地域別構成比率

どちらもアメリカが大きな比率を持っているのに対して、eMAXIS Slimでは楽天VTの上位に見られないケイマン諸島が上位になっていますね。

※ケイマン諸島とは、西インド諸島を構成する諸島の1つ。イギリスの海外領土です。

また、楽天VTでは経済大国2位の中国が多めの割合になっています。

Left Caption

アイカ

似たようなファンドでも指標が違うので、組み入れ地域は若干違ってきますね。
right Caption

ミズキ

アメリカ主体は変わらないので、どちらもアメリカの経済状況に大きく左右されそうです。

セクター比率(業種)の比較

emaxis slim全世界株式せクター比率
emaxis slim全世界株式せクター比率
楽天全世界株式インデックスファンドせクター比率
楽天全世界株式インデックスファンドせクター比率

セクターで見える運用方針の違い

eMAXIS Slimは情報技術メインに、全体的にバランスよく分散されているイメージです一方、楽天VTはある程度セクターを絞ってキャピタルゲイン(値上がり益)のテクノロジー(情報技術)とインカムゲインの金融を強くしています。

right Caption

ミズキ

eMAXIS Slim米国株式の時も似たような特徴がありましたね。
Left Caption

アイカ

eMAXISは均等的に、楽天バンガードは攻めと特徴がありそうだね。

組み入れ銘柄上位10位比較

ここまでで、同じように全世界に分散する投資信託でも違いがあるとが分かりました。具体的に組み入れている株式を見てみましょう!

eMAXIS Slim 全世界株式
(オールカントリー)
割合楽天VT割合
アップル2.8%マイクロソフト2.6%
マイクロソフト2.6%アップル2.3%
アマゾン2.0%アマゾン1.8%
アルファベット1.2%アルファベット1.5%
フェイスブック1.1%フェイスブック0.9%
ジョンソン&ジョンソン0.8%バークシャー・ハサウェイ0.8%
アリババグループ0.7%ジョンソン&ジョンソン0.8%
ビザ0.7%アリババグループ0.8%
ネスレ0.6%ネスレ0.7%
JPモーガン0.6%テンセント0.6%

組み入れ銘柄にも微妙な違いが見られますね。どちらも上位に情報技術関連株が多いですが、eMAXIS Slimにはヘルスケアのジョンソン&ジョンソン楽天VTには、金融保険のバークシャー・ハサウェイが組み込まれているのが特徴ですね。

right Caption

ミズキ

どちらも世界に分散しているので、1銘柄あたりの比率が低いですね。
Left Caption

アイカ

それだけ安全な資産運用に繋がるということだね。
指標構成銘柄数
【eMAXIS Slim】MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス約 2,700
【楽天VT】FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス約 8,000

各指標の銘柄数には大きな違いがあるようです。分散が多いほどリスクは少なくなりますが、足を引っ張る銘柄も出てきます。

Left Caption

アイカ

この辺りは好みですね。分散数としてはどちらも十分に分散されています。

騰落率チャート比較

emaxis slim全世界株式チャート
emaxis slim全世界株式チャート
楽天全世界株式インデックスファンドチャート
楽天全世界株式インデックスファンドチャート

2つのファンドを比べてみると、ほとんど同じ値動きをしていますね。どちらもしっかりと分散されているので、安定感のある値動きになっています。

(大幅な下落はコロナショックが影響しています。この際は株式ファンドのほとんどが大きなマイナス影響を受けました。)

right Caption

ミズキ

チャートではどちらを選んだら良いか判断しかねますね。
Left Caption

アイカ

純資産の総額も見てみようか。

純資産額の比較

投資信託純資産額
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)317.61億円
楽天・全世界株式インデックス・ファンド410.98億円

純資産額では設定の早かった楽天・全世界株式インデックス・ファンドが上回っています。しかし、eMAXIS Slimは約1年遅れて設定されたので勢いはありそうです。

right Caption

ミズキ

eMAXIS Slimが追い上げそうですね。
Left Caption

アイカ

FOYの影響も大きいと思うよ。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリーと楽天VTどっちを買う?

e MAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)と楽天全世界株式インデックスファンドを比較してみましたが、運用益には今のところ大きな差は見られません。

どちらのファンドも世界に分散投資しており、値動きが安定しているという点が分かりました。

目立った違いは

  1. 投資対象国、地域の割合
  2. 組み込み銘柄
  3. 信託報酬

となります。この3点に重点を置いて、自分の方針に合った方を買うと良いかと思います。

right Caption

ミズキ

私は信託報酬の安いeMAXIS Slim全世界株式インデックスファンドかなぁ。
Left Caption

アイカ

私はiDeCoで楽天全世界株式インデックスファンド、楽天ポイントの積み立てでeMAXIS Slim全世界株式を買ってます。

私が楽天全世界株式インデックスファンドに投資するのは、なんと言っても楽天VTがバンガード社への投資商品だからです♪

iDeCoと積み立てNISAでは

e MAXIS Slim全世界株式(オールカントリー)はiDeCo、積み立てNISAどちらも対象商品です。しかし、金融機関によっては購入できない場合もありますので、必ず事前にチェックしておきましょう!

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)組み合わせるなら?

全世界の株式を1本で網羅できるため、他は債券やリートなどのeMAXIS Slimシリーズと組み合わせると分散投資の幅が広がります。

また、先進国を強めたい場合は先進国株式を。新興国を強めたい場合は新興国株式を。好みに合わせて組み合わせると面白いですよ♪

Left Caption

アイカ

eMAXIS Slimシリーズは信託報酬が破格で組み合わせも多いことから、このシリーズだけで安定したポートフォリオを作ることができます。

eMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)とどっちを買う?

日経平均株価(Google)
日経平均株価(Google)
日本人口増加率
日本人口増加率

eMAXIS Slimシリーズには日本を除いた全世界へ投資する「eMAXIS Slim 全世界株式(日本除く)」も存在します。

日経平均株価の不安定さと、人口増加率の減少から日本を外す方もいらっしゃいますが、まだまだ世界経済大国3位の日本が組み込まれている「eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)」をオススメします。

Left Caption

アイカ

日本は個別株で買っている方が(日本を除く)を選ぶ場合もあるようですね。
right Caption

ミズキ

私はやっぱり日本は入っていて欲しいなぁ。日本人だし。

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)の口コミ

eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)まとめ

まとめ

📗 eMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリー)はFOY1位になるほど人気がある。
📗 信託報酬が安く長期投資に向いている。
📗 全世界に1本で分散投資できる。
📗 楽天VTと運用益の差は無いが、中身には違いがある。好みで選べる範囲。

Left Caption

アイカ

FOY1位のファンドで世界に分散投資♪安心感がありますね!
right Caption

ミズキ

私も早速ポートフォリオに組み込んでみます!

※掲載データは2020年6月時点のデータになります。

ブログランキング参加しました♪
応援クリック頂けると、励みになります。宜しくお願い致します!