放置投資

放置投資家の美山アイカの【放置投資術】ブログです。

【SPXS】下落相場で大きく稼ぐ!S&P500の3倍ベアで株価下落時のポジション取り!

, …
約9分
【SPXS】下落相場で大きく稼ぐ!S&P500の3倍ベアで株価下落時のポジション取り!

2020年11月3日、アメリカ大統領選が控えており株式投資をしている方はソワソワしているかと思います。

バイデン氏とトランプ氏どちらが勝つと株価が上がる?

バイデンさんとトランプさん、どちらが勝つと株価は上昇するのでしょうか?

バイデン氏が勝利すると法人税の引き上げが行われるため、株価が一時下落すると予測されています。逆にトランプ氏が勝つと、株価は上昇すると予測されています。

2020年10月12日現在では、バイデン氏優勢と報道されていますね。

よって、アメリカ株式の利確を考えている方も多いのではないでしょうか。

株価が下落する可能性が高いなら、一旦売却しちゃおうかな。

売却しつつ、下落時に強いETFを買うことも1つの方法だよ!

今回は株価が下落した時に、評価額が上がる【SPXS】をご紹介します。株式投資をする上では、買いポジションだけでなく、売りポジションを知っておくことで、投資で利益を得るチャンスが2倍に広がります。

実際に投資するかしないかは別として、今だから知っておきたい知識ですね!

SPXSとは

Direxion デイリー S&P 500 ベア3倍 ETFという「3倍ベアの米国ETF」のことです。日々の基準価額の値動きがS&P500指数(大型株指数)の値動きの逆方向に300%となる投資成果を目指します。(手数料・費用の差し引き前)

S&P500が下落時に評価額が上がるETFということですね。

下落時に評価を上げるので「売り(ショート)」で稼ぐ事になります。

ショート(売り)とロング(買い)とは

ショート(売り)とロング(買い)

ショート(売り)とは割高な株を借りて売却することで、割安になった時に買い戻しその差額が利益になります。

逆にロング(買い)とは割安な株を買って、値上がりして割高になった時に売却してその差額の利益を得ます。

ロングは通常の買い投資で、ショートはあまり馴染みの無い売り投資ですね。

個別株でもショートを覚えると、投資戦略が2倍になり有利と言われています。

ベア3倍ETFとは

指標の下落時にショート(売り)で評価額が上がる商品をベア型と言います。3倍の値動きになるように信用取引を使用するので、「ベア3倍」と言いますね。値動きが激しくなります。

特定の指標に連動して評価額が動くインデックスETFですが、SPXSは株価が下落して評価額が上がるベア型と呼ばれています。ベア型の語源は熊が腕を振り下ろして攻撃するイメージになります。

ベア型のイメージは熊

対極的に株価の上昇時に評価額を上げるETFをブル型と言いますが、こちらは牛がツノを突き上げるイメージです。

ブル型のイメージは牛

ブル型の投資信託とETFの記事を過去に掲載しているので、対極的な商品として理解を深めるために、ぜひご覧ください。

SPXSの経費率

SPXSの経費率は0.95%とブル・ベア無し米国インデックスETFに比べて割高になりますが、信用取引を使用して売りを行うSPXS運用の手間を考えると、高くはありませんね。

銘柄経費率
SPXS0.95%
VOO(S&P500連動ETF)0.03%
VYM(高配当株ETF)0.06%

SPXSの配当金

直近(2020年10月)の配当利回りは1.07%となっています。ベア型で3倍のレバレッジをかけるETFなので、なるべく純資産額は保って欲しいところですので、個人的に配当金は無くても良いような気がします。(レバレッジを大きくかけるための資産が必要。)

配当利回りも1.07%少ないので、配当金目当てで買う商品ではありませんね。

配当金狙いなら素直にIVVなどのS&P500連動型のETFにしたいですね。

SPXSのチャート

SPXS長期チャート

見事に低迷していますね。このETFを買って儲かるのでしょうか。

レバレッジ型は特に純資産額が下がると、レバレッジをかけた投資額が少なくなります。
アメリカ株式市場が堅調なままなので、長期で見ると低水準に見えてしまいますね。

次は短期チャートで見てみましょう!

SPXS1年チャート

アメリカ株式市場が堅調だった2019年後半から2020年2月までは基準価額が大きく下がっていますね。

しかし、2020年3月のコロナショックでその株価はなんと2倍に膨れ上がりました。ショートのETFを覚えることで、このような利益の出し方もできるので、ぜひ覚えておきましょう♪

確かにロング(買い)ポジションしか知らないと、株価の上昇時にしか利益を出せないですよね。

個別株でもショートは可能ですが、信用取引を利用する事になりますのでちょっと怖いですよね。
ETFならいつでも売り買いできるので、その点は安心ですね。

ベア型商品は市場の動向を見るのにも使える

ショート型ETFの豆知識ですが、購入量に注目してみましょう。ショートETFの購入が多く行われるということは、株が売られているとも言えます。株価の下落に敏感に反応できるかもしれませんね。

SPXSの買い時と使い方

ここまでで、SPXSは株価の暴落時に利益を得られることが分かりました。直近の株価暴落だと、SPXSの評価額が2倍になったコロナショックですね。

  • 2020年11月3日には大統領選挙が控えています。大統領選挙はバイデン氏が有利と言われています。このタイミングが買い時になる可能性があります。
  • 米中の関係悪化も買い時になるかもしれません。
  • 冬のコロナウィルスの拡大も株価下落の可能性があります。

また、ロング(買い)ポジションに大きく投資額が寄っている時のリスクヘッジとして、短期的に買い入れておくのも1つの投資法になりますね。

私は2020年11月3日の大統領選挙に合わせて少し買い入れてみようと思います。

SPXSのセクター比率

SPXSはS&P500に連動するので、基本的には基本的には構成銘柄はS&P500と同じになります。

セクター割合(%)
情報技術20.67
金融15.68
ヘルスケア14.30
一般消費財・サービス12.95
生活必需品10.42
資本財・サービス10.13
エネルギー6.77
公益事業3.44
素材2.84
電気通信サービス2.80

※データはSBI証券より

SPXSは積み立て投資に向いているか

SPXSはチャートの通り、長期投資には向いていません。短期的な下落時に購入してサッと売ってしまうのが良い商品です。

いざ購入して、評価額が下落したらサッと損切りしてしまうのが良いかと思います。いつまでも持っておくと、配当金も少ないので資金が動かせなくなってしまう恐れがあります。

SPXL(S&P500 3倍ブル)との比較

SPXSとSPXLの比較チャート(1年)
SPXSとSPXLの比較チャート(1年)

SPXLはSPXSとは逆にS&P500に3倍ブルのロング(買い)をかけた商品になるので、値動きはちょうど逆になります。

ブル・ベア型は基本的には短期的に利益を取りにいく商品ですが、アメリカ株式市場は堅調なのでSPXLはSPXSよりも長期投資向きとも言えますね。

下がると予測したらSPXS、上がると予測したらSPXLですね。

SPXSトータルリターン(SPXL、VOO比較)

3ヶ月トータルリターン3年トータルリターン5年トータルリターン
SPXS-29.93%-46.90%-43.61%
SPXL32.02%16.00%25.29%
VOO10.75%13.10%13.75%

このデータを見る限り、ちょっと忙しいですが、直近ではこのような投資方法が理想になりそうですね。

  1. 大統領選挙で株価下落したとすると、SPXSを購入。
  2. ある程度でSPXLと入れ替える。
  3. 株価が上下を小さく繰り返すようになるとVOOに入れ替える。

ブルベアのレバレッジ商品は株価が安定して上下を繰り返すとマイナスになります。

同じ指標に連動するETFでも使い道が全然違いますね!

SPXSを空売り(ショート)しても良いか

SPXS自体を空売り(ショート)してしまうという手段もありますが、あまりオススメできません。アメリカ株式は基本的に右肩上がりです。空売りをするにはとても難しい商品だと思います。

ウォーレンバフェットさんも「米国を空売りしてはいけない」と言っていますね。
かなりハイレベルな投資方法だと思います。

SPXSの口コミ

SPXSのまとめ

本日は、SPXS(ショートETF)も視野に入れることで株価下落時にも利益を得られる方法を勉強しました。

直近の大統領選挙は買いポジションだけだと、チャンスがない気がしますが、売りポジションも覚えておくとチャンスに思えてきましたね♪

SPXSはレバレッジ型の上級者向けの商品だから購入の際は十分注意してね♪

※記事内のデータは2020年10月12日時点のBloombergより流用しています。

この記事を書いている人

放置投資家米国ETF・国内株式・投資信託美山アイカ
米国個別株・米国ETF・国内個別株・投資信託に投資するブロガーです。
運用額3000万円
運用利回り20%

無理な投資はしない。自己資本を第一に。
リスクの低い投資で資産形成を目指しています。
ぜひ、一緒に投資を勉強しましょう!

Twitter積極参加中。
ぜひ、絡んでくださいね。
Follow :

コメントはこちらから

*

CAPTCHA