放置投資

放置投資家の美山アイカの【放置投資術】ブログです。

ネット証券初心者におすすめ!楽天証券を解説!

約12分
ネット証券初心者におすすめ!楽天証券を解説!

対面不要、ネットだけで購入から売却まで全てができるネット証券。近年若者の投資参加も多くなり、口座開設数もドンドン増えています。

手数料が安い少額投資対応アプリで簡単購入!など様々なメリットがあるネット証券ですが、今回は数あるネット証券の中でも今一番勢いがあると言っても過言ではない、楽天証券について徹底的に解説していきたいと思います。

投資デビューでポイントGET楽天証券
▲ お得なキャンペーンを確認! ▲

私は楽天経済圏もフル活用しているので、ポイントもザクザク!早速見ていきましょう!

私はSBI証券を使っていますが…

楽天証券とは

楽天証券は2019年口座開設数No.1 (引用:楽天証券)

楽天証券と言えば、その名の通り楽天グループの証券部門の会社ですが何と言っても新規口座開設数の伸びが凄いです。2019年にはSBI証券・松井証券などの先駆けネット証券を越えて年間口座開設数No.1となり、猛追していることでも有名です。

ネット証券口座開設数シェア率

証券口座口座数シェア率
SBI証券570万1,000口座37.7 %
楽天証券440万2,247口座29.1 %
マネックス証券187万2,069口座12.4 %

※2020年6月時点のデータになります。

ネット証券新規口座開設数シェア率

証券口座新規開設口座数シェア率
楽天証券102万6,291口座51.0 %
SBI証券79万7,000口座39.6 %
松井証券5万3,887口座2.7 %

※2019〜2020年のデータになります。

楽天証券は口座数では先駆けのSBI証券に遅れを取っていますが、年間で最大100万口座以上の新規口座開設を実現しています。

どうしてこんなに人気があるんですか?

楽天ポイント連携や、ポイント還元など楽天経済圏をフルに活用したエコシステムが人気なの。その他にも日本経済新聞が無料で読めたり、2口座目の開設に楽天証券を選ぶ人が多いのも特徴だね。

楽天証券のメリットを見ていきましょう!

楽天証券のメリット

積み立て投資でポイント還元!ポイントは楽天市場や街のポイント参加店でも利用できるよ♪

預けておくだけで、100倍も違うのかぁ。1,000万円で年間10,000円。結構大きいですね。

楽天グループの最大の魅力「ポイントシステム」は楽天証券でもしっかり使えるので嬉しいね♪

買付手数料無料は嬉しいですね!100円から投資できるのも気軽で良いですね。まずはポイントで買ってみようかな♪

銘柄がたくさんあると迷う方は当サイトでおすすめしている投資信託があるので、ぜひ参考にしてくださいね。

買付手数料のコースも選べて、大口投資家も楽しんで投資ができるシステムは嬉しいですね♪

日本経済新聞を読むためだけに、2口座目として楽天証券口座を開設される方もいらっしゃいますね♪

ベッドで横になりながら株を購入・売却できるのは気楽で良いですね♪寝る前のスキマ時間も逃がしません!

特に相場が乱れている時期は重宝するね♪レバレッジ型ETF(倍率をかけて取引するETF)にも逆指値はとても有効です♪

ふるさと納税の時に使うと更に+1倍…すごいことになりそうですね。

私は買いまわりセールに合わせて、ポイント倍率を最大にして、ふるさと納税をしているよ♪ザクザク貯まったポイントはポイント投資に回します♪

私も投資のデビューはiDeCoからでしたが、身近に感じていた楽天証券口座を利用して良かったと思っています。

私の旦那は対面だから、かなり手数料を取られてしまっていますね。楽天証券に切り替えるように促してみます。

楽天証券キャンペーン

楽天証券ではこれらのメリットに加えて定期的なキャンペーンがいくつも設けられています。

  1. 口座開設後3ヶ月株式の取引手数料無料
  2. iDeCoデビュー書籍・200ポイントプレゼント
  3. はじめての楽天FXキャンペーンで50ポイントプレゼント
  4. 証券口座+楽天モバイルで2,000ポイント

これらはほんの一部のキャンペーンだよ。この他にも定期的にポイントを進呈するキャンペーンはたくさん行われているからぜひチェックしてみてくださいね♪

投資デビューでポイントGET楽天証券
▲ お得なキャンペーンを確認! ▲

楽天証券のデメリット

良いことづくめのように思える楽天証券口座ですが、デメリットはあるのでしょうか。ここでは楽天証券口座のデメリットについて見ていきましょう!

  1. IPO投資では他の証券会社の方が良い。
  2. 外国株の取扱が他の証券会社より少ない。
  3. 対人相談がし辛い。

IPO主幹事になる回数が少ない

楽天証券はIPO(新規公開株)の主幹事証券になる回数が他の証券会社に比べて少なめです。主幹事になる証券会社は割り当てられる株式も多くなるので、その分当選させる力が増えるという事ですね。

しかし、楽天証券口座では完全抽選制を取っており、大口の当選確率や参加回数で当たり外れを決めることが無いという点は潔くて好感が持てます。

そもそもIPOってと〜〜〜〜っても当たり辛いの。人気のIPO株なんて当選確率数万倍になっちゃうから、複数口座で応募して狙っていくのが基本だよ。

そのうちの1つが楽天証券口座でも良いですね。

複数応募する(資金を一旦預ける)ということは、それなりに資金に余裕がある人の投資戦略になるから、個人的にはあまり気になるデメリットではな無いかな。

外国株の取扱が他の証券会社より少ない

楽天証券は6ヶ国の外国株を購入できます。SBI証券では9ヶ国の株式投資できます。その点は好みもあると思いますが、個人的には日本株・米国株・中国株当たりで十分では無いかなと思っています。

米国株のETFや投資信託があれば全世界に投資もできるし、やっぱり株式投資はアメリカの株価に引っ張られるからね。

私も値動きの激しい国の株はあまり好みでは無いので、アメリカがあれば十分ですね。新興国にはVWOで一括投資できるし。

対人相談がし辛い

手数料を安くするために、対面での取引相談はできませんが、電話で十分相談に乗ってくれます。

意外と繋がり安く、カスタマーの方もとても丁寧ですよ。分からない事に対するQ&Aもサイトに充実しているので安心です。

投資デビューでポイントGET楽天証券
▲ お得なキャンペーンを確認! ▲

楽天証券の売買手数料と他社比較

ネット証券では人的コストを抑えることで、売買手数料を安くしています。売買手数料を安くしたい場合はネット証券を利用しましょう!

現物取引1日定額制の場合の手数料比較

1日定額の取引の場合、楽天証券・SBI証券・岡三オンライン証券が100万円まで手数料無料なのでお得に取引ができますね。

証券会社5万10万30万50万100万300万500万
楽天証券無料無料無料無料無料3,300円5,500円
マネックス証券550円550円550円550円550円2,750円5,500円
SBI証券無料無料無料無料無料1,718円2,598円
GMOクリック証券234円234円305円438円876円1,691円2,281円
松井証券無料無料無料無料1,100円3,300円5,500円
岡三オンライン証券無料無料無料無料無料1,980円3,080円
SBIネオトレード証券440円440円440円440円660円1,540円2,420円

1日100万円の取引…目が眩みそうです。

楽天証券では口座開設した際の設定が「超割コース」(1約定制:大口向けに多く取引する人はお得)になっているので少額投資の場合は「いちにち定額コース」に変更しようね。

私は1年ほど超割コースで運用しており、手数料を大幅に支払うことになったので手数料設定には要注意ください。

現物取引1約定制の場合の手数料比較

1約定制ではSBIネオトレード証券楽天証券・SBI証券・が手数料が安いですね。1日100万円以上の取引をされる方は1日約定制を選択しましょう!

証券会社5万10万30万50万100万300万500万
楽天証券55円99円275円275円535円1,013円1,013円
マネックス証券110円110円275円495円1,100円3,300円5,500円
SBI証券55円99円275円275円535円1,013円1,013円
GMOクリック証券96円96円265円265円479円917円917円
岡三オンライン証券108円108円385円385円660円1,650円2,310円
SBIネオトレード証券55円88円198円198円374円660円880円

日本株は100株で購入するのがメインなので、意外と100万円超えちゃうこともあります。

楽天証券の為替手数料と他社比較

外国株式投資(外貨建債券・外国株式・外国投資信託 ※外貨MMFを含む)の場合、為替が重要になってきます。円貨から外貨に交換する場合は基準為替レートにスプレッドを上乗せし、外貨から円貨に交換される場合はスプレッドを差し引きます

為替取引コストが断然お得なネット証券3社

下記の3社の為替手数料は為替スプレッドのみになっているので、外国投資の場合は断然お得になっています。

証券会社為替スプレッド
楽天証券1米ドル当たり片道25銭の為替スプレッド
マネックス証券1米ドル当たり片道25銭の為替スプレッド
SBI証券1米ドル当たり片道4銭の為替スプレッド
(住信SBIネット銀行を利用している方)
外貨積立の場合、買付は2銭に。

外国為替に関してはSBI証券が一歩リードしていますね。

為替取引コストはどこも同じになってくると良いですね。

BDC投資ができるのは楽天証券

ネット証券の中でBDCに投資できるのは楽天証券のみとなります。BDC投資は配当金が高く人気の投資先です。

楽天証券シミュレーション

楽天証券のサイトでは「最終積立金額」「毎月積立額」「積立期間」「リターン計算」など、将来に向けたお金の運用について便利なシミュレーションが無料で利用できます。自分の将来とお金と向き合ってみてはいかがでしょうか。

積立かんたんシミュレーション
投資デビューでポイントGET楽天証券
▲ お得なキャンペーンを確認! ▲

楽天証券の評判と口コミ

まとめ

私のメイン口座は楽天証券口座ですが、とにかく今のところ不満はありませんので、ネット証券口座の1口座目に自信を持っておすすめできます♪

私も日本経済新聞が読みたくなったので、口座を作ってみることにします♪作るだけなら無料ですからね♪

投資デビューでポイントGET楽天証券
▲ お得なキャンペーンを確認! ▲

この記事を書いている人

放置投資家米国ETF・国内株式・投資信託美山アイカ
米国個別株・米国ETF・国内個別株・投資信託に投資するブロガーです。
運用額3000万円
運用利回り20%

無理な投資はしない。自己資本を第一に。
リスクの低い投資で資産形成を目指しています。
ぜひ、一緒に投資を勉強しましょう!

Twitter積極参加中。
ぜひ、絡んでくださいね。
Follow :

コメントはこちらから

*

CAPTCHA